不動産の工事契約では後戻りできない

リフォームや改装工事の契約書では、まず工期や支払いの方法や時期、遅延違約金などを確認具体的な日付を明記することが大切です。「着変な見落としはないと信じたいんだけど、本当に大丈夫か…。契約にあたって気をつけておくことや、チェックしなければならないポイントなんかあったら、具体的に教えてほしいんだ。せかす営業マンがいるようですが言語道断。「契約したらあと戻りできない」ものだと受け止めたほうがいいですよ。仮契約(もしくは設計申し込み)工事請負契約【かつ本契約と呼ぶ場合もある】→詳細見積書作成→実施設計かつ本契約と呼ぶ場合もある)という流れであることが多いようですね。今度取り交わすのは、最後の工事請負契約(本契約)のことですね。書面の記載内容すべてが重要ですよ。

「契約を交わしたらあと戻りできない」くらいの気持ちで慎重に取り組もう。契約書・契約約款の書式は会社によって様々ですし、法律用語が小さな字で記載されているので、当日の読み合わせだけでは十分に把握できませんからね。そのほか、設計図書、詳細見積書、工程表などもコピーでいいので、手元に揃えておくようにしましょう。打ち合わせの内容と変わった点や、抜け落ちている点などがないか、よく確認すること。詳細見積雷は、工事内容ごとに仕様や単価、数量が明記されたもので、契約書に記されている契約金額の裏付けとなるものです。設計図雷と仕様書、見積書の内容と相違がないか、必ず照らし合わせておきましょう。おかしな点があったら、すぐに確認。契約には、契約書・契約約款、設計図書、詳細見積書、工程表が必要になります。

※契約内容の最終確認どこからチェックしていいのか、何を聞いたらいいのか、分からないよ。

どんなところを見ていけばいいのか?完了日引渡日について工程表は、工事の進行の段取りを表したものです。契約書に記載されている予定着工日や予定竣工日は、これに基づいて記載されていなければなりません。十分に納得のいく回答を得たうえで、契約にのぞむようにしたいものです。工後○日以内」といった表現だと業者の都合で「着工日」をずらされてしまい、工事の完了や引き渡しについてもそれに合わせてズルズルと…という事態にもなりかねません。もし、契約時に日付が確定できないようであれば、具体的な日程が決まった時点で契約を修正するように、一筆取っておくといいですよ。工事の遅延は12週間くらいであればよくあることですが、あまりにも遅れるようだと、現在の住まいの賃貸契約や口―ンの返済計画にも影響が出てしまいますからね。

支払い方法もよく確認すること。契約時にいくら、中間金はどの時点でいくら、最終金は引き渡し時にいくらと、何回に分けてどのくらいの割合で支払っていくのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>